値段の価値



スポンサードリンク

さらに一切文章を考えたくないと言うあなたの為に、
挨拶文の雛形を作りました。

少しバッティングした際の顧客の信頼失墜のリスクが高まりますが、挨拶文の雛型もご用意しております。
椅子
また、使われるかどうかのご判断お任せしますが、汎用的な挨拶文もこちらで毎月ご用意致しますので、店名や電話番号くらいを書き換えるだけで発行ができます。

これで文章を考えるという苦痛な作業は一切ありません。
自分のお店情報を書き換えて、プリントアウトするだけで完成します。

ニュースレターを出すということを始めて頂くだけで大丈夫です。

既存顧客を大切にした方がいいということや、ニュースレターで接触することの大切さは知っているはずなのに、行動に移せてないお店がほとんどなのです。

僕が今まで自分の為に行った美容室、サロン、飲食店を含め、売り込みのDM以外を出してきたお店は皆無です。

30年間、いろんなお店にいっているのに皆無なのです。
(はがきで御礼状を出してくれるところはありましたが、継続して接触してくるということはありませんでした。)

まずは、継続して出すという事が大事だと思います。
弊社サービスをご利用頂ければ、挫折しないように以下のように勧めさせて頂いてます。

 

1.テンプレートが届いたら、まず1部プリントアウトする

2.ご挨拶部分を手書きで埋める(書けない場合は雛型の挨拶文を活用)

3.何部かコピーして店頭に置き、帰りに手渡ししてあげる

 
送付準備完了
まずは、これで十分だと思います。

手渡しですが、接触していますし、なにより帰りの電車の中で読んでくれたりします。

何を書こうかとか、レイアウトがどうのこうのだとか、悩むよりもまずプリントアウトして手書きでお客さんに渡してしまうということがいいと思います。

その状態でも3か月もすると、お客さんも楽しみにしてくる人や発行を心待ちにしてくれるお客様が出てきたり、あなたの手書き部分について何か反応する人が出てきたりすると思います。

そうすると、頑張る気力も出てきますし、手書き部分はきれいにパソコンで頑張って打ってみようかとか、郵送で送ってみようかとか思えてくるわけです。

最初から完璧にやろうとしすぎるので、皆さん失敗してしまうのです。
失敗ならまだいいのですが、出さずに終了というのが非常に多いと思います。
まず出してしまうことが重要と考えます。

ニュースレターに共感してくれるお客様は
クーポン雑誌の様に安いから来てくれるのではありません。

さらにニュースレターはこんなツールにもなります!

・顧客が簡単にお店を思い出してくれるツール

・来店時の会話の糸口になるツール

・友達やご近所にも配ってくれやすい紹介ツール

・知り合いの店にも置いてもらえるルール

・PR活動に気軽に渡せるツール

・お店を紹介してもらえる時に使える口コミツール

・お店の発信メディアツール

・お客様とのコミュニケーションツール

追伸
お伝えしたとおり、まずは出すということが重要ですが、
そうは行っても出すと本当に効果があるのか不安だという気持ちもわかります。

ニュースレターを発行することでお客さんからお手紙が届くということもありえます。

そこで、ファンレターが届く体験をバーチャルでできるようにしておきましたので、
一度、ご自身のお客様の中でファンレターをもらったら嬉しいお客様の名前を入れて送信してみてください。
(自動返信メールでファンレターが帰ってきます。)

ニュースレターを出すことにいまいち実感がわかない場合、お試しください。

※遊び心です。

氏名 ※ 姓:
名:
E-Mail ※
ファンレターを欲しい顧客の苗字 ※
あなたの趣味(テニスとか名詞で) ※

新規受付を終了しました。

追伸2
私がこのサービスを開始したのは、やはりお客様に
既存顧客を大切にした経営をしてほしいという思いが強くあるからです。

多くのお客様はフリーペーパーなどの新規顧客向け広告に費用をかけ
既存顧客のフォローが手薄ということが多く、
既存顧客が増えていかないので経営が苦しいという状況を数多く見てきました。

やはり一番にお手伝いするべきは既存顧客向けへのフォローをできるだけ簡単に、
しかも低コストでできる方法はないかと考え、このテンプレートサービスに行きつきました。

ぜひ、既存顧客を大切にする経営を一緒に創っていけたらと心から願っています。

八木創平サイン

スポンサードリンク




▼業界別コラム

美容室|売上高が一人100万円以上の美容師を輩出する繁盛サロンのある共通点とは?

エステサロン|個人経営のエステサロンがリピーターを獲得するための極意とは?

リラクゼーションサロン|価格競争が過熱するリラクゼーション業界。 リピート客の心をつかむ方法とは?

整骨院|治療が終わった患者が「通いたい」と思う整骨院になる方法

歯科医院|増え続ける歯科医院……過当競争を生き抜くために。

工務店|小さな工務店が大手ハウスメーカーに勝つ方法

呉服店|親から子へ引き継がれる馴染みの呉服店になる方法

塾|市場規模は拡大しているのに、学習塾の経営が苦しいワケ。

Copyright© 2012-2017 女性に響くニュースレター作成テンプレートサービス All Rights Reserved.